むちうちの痛み止め薬の種類には色んな種類があります。

むちうちの痛み止め薬には、ボルタレン、ロキソニン、バファリンなどがあります。

特にボルタレンとロキソニンは整形外科に行くとよく出される痛み止めの薬です。

一般的に、ボルタレンは痛みが酷い場合に飲み、少し痛みが引いてきたらロキソニンを飲みます。

ボルタレンは、むちうちの痛み止め薬としてよく効きますが、胃を荒らすことがあるので、胃薬と共に服用する必要があります。

交通事故でむちうちになった場合、頭痛と吐き気がよくあったりします。

そうすると数日間、ボルタレンが処方されます。この薬は鎮痛効果が高い分、副作用としてめまいがきつくなったりします。

身体に合わない場合、ロキソニンに換えます。

普段から頭痛薬としてバファリンを飲んでいる人は、むちうちの痛み止め薬として、慣れているバファリンを処方されることがあります。

むちうちの痛み止め薬の種類は色々ありますが、やはり自分の体に合う薬が一番です。鎮痛剤としてよく効く薬だと医師から処方されても自分に効くとは限らないので、自身でよく考えて医者とよく相談して薬を選ぶことが重要です。